画質と鮮やかさがハイレベルな魅力

インクジェットとは?

インクジェットとは、印刷方法の主流の一つで良く聞く他の印刷方法には、レーザープリンターがあります。これら2つの印刷方法が、プリンターなどにもよく使われています。プリンターを例に挙げると、インクジェットプリンターは、インクの粒子を用紙に付ける仕組みになっていて、家庭用から仕事用まで幅広いシーンで採用されています。
インクジェットのプリンターによる仕上がり具合は、写真のプリントでもハイレベルで画質の鮮やかな印刷が可能ですが、使う用紙次第でプリントの状態に差が出ます。印刷速度の面では遅いイメージがありますが、最近のインクジェットプリンターは速さにも対応していて、遅い事によるストレスは余り感じません。コストは、レーザープリンターに比べると本体価格が安いという点があります。しかし、インクの購入や定期的なヘッドクリーニングが必要となります。
インクジェットプリンターに使われるインクには、染料系と顔料系がありそれぞれ特徴が違います。染料系インクは、色のクオリティが高く光沢を出しやすいという特徴があって、印刷後色の状態が落ち着くまで時間がかかります。顔料系インクは、印刷後の色の変動幅があまりなく、光沢面では弱いですが、水や光などの影響を染料系インクより受けにくい特徴があります。

インクジェットは紙選びも重要

インクジェットとは文字通りインクを噴射するやり方を表しています。印刷には様々な方式がありますが、「インクジェット印刷」と言った場合、家庭用の小型プリンタを指すことがほとんどです。この他には、印刷業者が大型の機械を工場で運用して行う「オフセット印刷」や、コピー機などの「レーザープリント」があります。インクジェット印刷は他の方式に比べ、発色が鮮やかで比較的コンパクトな機械で印刷できます。その代わり、100枚を超える枚数を印刷するにはかなりの時間とコストがかかります。
オフセット印刷やレーザープリンタは本印刷が始まってしまえば何千枚、何万枚と数時間で一気に印刷できますが、印刷開始までの手順が大掛かりになります。そのため、たった1枚の印刷には不向きです。さらに、発色の鮮やかさではインクジェット印刷に及びません。インクジェット印刷の発色の鮮やかさの秘密は、使用する用紙にあります。
インクジェット印刷は非常に細かなインク液の粒が、紙の隙間にたくさん吸収されてできあがります。その際、普通の紙だとインクが滲みやすく濁ったようになりますが、専用の光沢紙などは粒の大きさにあった表面コートを施してあり、滲みを極限まで減らすことが可能です。インクの粒の大きさと表面コートの種類は、正確にマッチしたものが望ましいので、メーカー純正で機種に適合した専用紙に、正しい設定で印刷することは美しく印刷するコツだと言えます。

ピックアップコンテンツ

カテゴリ:メリットとデメリット

スピーディーにな印刷方式で綺麗さと鮮やかさを実現

インクジェットのメリットデメリット インクジェットとは、プリンターの印刷方式の一種で、圧力や熱を加えてインクを微細な粒子にしてプリンター用紙に直接吹き付ける印刷方式です。インクジェットプリン…

詳しくはコチラ

カテゴリ:活用方法

手軽さが魅力の活用法

選ばれているインクジェット 主に企業などのオフィス用として使われているプリンターや複合機は、レーザーとインクジェットがあります。インクジェットは本体価格が安く導入しやすい半面、ランニングコス…

詳しくはコチラ

カテゴリ:メリットとデメリット

歴史や性能を知って活用していく利点を考えよう

インクジェットの長所を考える意図 コンピュータで色合いを出していくため、インクジェットはどんなものでも基本的に印刷が可能です。またコストの面でも優れた箇所が存在していることから、フルカラー印…

詳しくはコチラ

カテゴリ:印刷のコツ

画質と鮮やかさがハイレベルな魅力

インクジェットとは? インクジェットとは、印刷方法の主流の一つで良く聞く他の印刷方法には、レーザープリンターがあります。これら2つの印刷方法が、プリンターなどにもよく使われています。プリンタ…

詳しくはコチラ